ふつう雑記 雑記

男の手料理!いしり(いしる)を使った簡単唐揚げをつくってみた!

 

こんにんちは!しんいちです。

休日は妻がバイトに行っているため、僕がご飯を作ることが多いです。

今回は簡単で美味しいと話題沸騰の「いしり(いしる)」を使った簡単唐揚げをつくってみることにしました。

きっかけはあるブログから・・・

きっかけはりんさやさんのブログを読んだことでした。

 

「いしる」という聞きなれない調味料と、それだけの味付けで美味しく仕上がる手軽さ。

揚げ物をしたことのない僕でも簡単に作れそう・・・。

そもそも我が家の献立には唐揚げやてんぷらなどの揚げ物が出てきません(油の処理が面倒で、嫁が作りたがらない)。

しかし、息子も食欲旺盛な年ごろ(中二)なので唐揚げをおかずに白米をケンミンショーに出てくるおやじのように頬張りたいと思っているはずです。

というか、俺が食いてぇ。

嫁に「油の処理まで全部やるから、この唐揚げ作らせてくれ!」とお願いし、「いしる唐揚げ」を作ることになりました。

準備・・・男は形から入るもの

材料

鶏肉

いしり(いしる)

付け合わせのキャベツの千切り(すでに切れてるやつ)

片栗粉

ショウガとコショウ(りんさやさんレシピ)

必要な道具

使った油を置いておく容器(オイルポットというらしい)

フライパン(油少量で作るため)

鶏肉に味を馴染ませるときに入れるビニール袋

鶏肉は近所の「げんさん」で調達。量は適当(5人分で700gぐらい?)

しんいち
基本的に男の手料理は適当です

普段から鶏肉は買っているので、容易く手に入りました。

片栗粉とショウガとコショウは家にありました。

ショウガはチューブ、コショウはブラックペッパーです(おしゃれすぎだが、男の手料理は適当なので気にしない)

問題は「いしり(いしる)」です。

いしりは石川県の魚醤なのですが、普通のスーパーに売っていません。

通販が一番手に入りやすいです。

僕もAmazonで購入しようと思いましたが、500mlの小さいやつがない・・・。

いきなり1.8L購入で、不味くて撃沈したら目も当てられません(うちの嫁はそういう無駄遣いが大嫌い)

ダメもとで、各地の特産品を扱っている店(わくわく広場)に行ったら・・・

ありました!

オイルポットと油こし紙をセリアで購入し、準備万端です!

いしる唐揚げを作る!

詳細の分量・作り方は、りんさやブログをご参照ください

まず、皮をはがして(うちは皮を食べない家)、鶏肉を1cm角ぐらいに切ります。

切った鶏肉をきれいなビニール袋に入れます。

いしるをそのビニール袋にスプーン2,3杯入れます。

ショウガとコショウを入れます。

袋を縛ります。

揉みます。

冷蔵庫に入れてほったらかします。

その間に包丁とかまな板を洗います。

嫁をバイト先まで迎えに行きます。

帰ってきたら、袋に片栗粉を入れてさらに揉みます。

フライパンに5mmぐらい油をひきます。

油が180度に温まったら鶏肉を揚げていきます。

ある程度揚がったら、ひっくり返して裏側を揚げます。

適当に揚がったら油をきってお皿に盛り付けます。

千切りキャベツを乗せれば、唐揚げ定食の出来上がりです!

しんいち
後片付けも最後までやりましょう!

食べてみる!感想は・・・?

えーと・・・

控えめに言って、めちゃくちゃ美味しいです。

魚醤独特のにおいがするかと思いきや、全然気になりません。

娘は魚のにおいが嫌いなのですが、気づかずに食べました。

あと、めちゃくちゃ柔らかい!

作りすぎたので次の日の昼にも食べたのですが、冷めてもすごく美味しかったです。

しんいち
お弁当にもバッチリです!

まとめ

今回、料理が得意でない僕が唐揚げに初挑戦しました。

いしる唐揚げは細かい味付けが必要ないので、手間もかからず出来上がりました。

しいて言うのであれば、油が飛び散るので後片付けが面倒かな?というぐらいです。

もう少し揚げ物の数をこなしたら、段取りを含めて手際よく出来そうです。

ぜひ休日に美味しい「いしる」の唐揚げを作って、奥様を喜ばしてみてはいかがでしょうか。

しんいち
奥さんや子供たちからの好感度もアップします

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-ふつう雑記, 雑記