雑記

小6の娘がお弁当を作ってくれた 中二の息子がブログ作成に付き合ってくれた話

おはしんです。

昨日の朝は体調不良の為なかなか起きれませんでした。

僕はお弁当の係なので早めに起きてこさえないと・・・。

まあ、どうせ大人の分だけやし(自分と嫁と舅の分)作らんでもなんとかなるやろ。

しんいち
みんな大人なんやし・・・

そんなことを考えながら布団でもぞもぞしてたら・・・

娘「今日のお弁当、作っておいたよ!力作だよ!」

しんいち
おお!

感激です。

曹彰応援に駆けつけてくれた時ぐらいの感激です。

「お父さん、ツイッターしてるんでしょ?写真撮って投稿しといてね!」

・・・名誉欲ありありです。

でも、ツイートで僕史上1番の「いいね」をもらいました。娘も満足です。

・・・

体調が全快ではなかったので、半日仕事で昼から休息。約束の地「快活クラブ」行ってました。

目的はブログ記事作成(と、漫画読み)です。

仕込み中のネタの構想(下書き前)を鏡でポーズとりながら考えてました(身に着ける物の商品レビューネタの為)。

個室に姿鏡あってよかったです。

漫画は2つ読みました。「推しの子」「チ。」です。

思ってるような漫画と違ってた。けど、面白かった。

僕はリアルな友達がいないのですが(自分で言っててさびしい)、嫁を「友達の代役」として兼用しています。

なので、漫画を友達に勧めるように嫁に薦めています。

が、現在連敗中

今年薦めた漫画(結構まともなラインナップ・・・だと思う)

 からかい上手の高木さん・・・△

 チェンソーマン・・・×

 葬送のフリーレン・・・△

 五等分の花嫁・・・△

 僕の心のヤバイやつ・・・×

なかなか面白いって言ってくれません。

ここで、一つの仮説が浮かびます。

僕の勧める漫画は「面白くない」と決めつけてるから、彼女の目に「面白くないフィルター」がかかってるのではないかと。

確かに今まで嫁さんにはゲチョグロや人間の尊厳を脅かすような漫画を沢山進めてきました。

そのせいで、正当に評価されるべき作品が評価されないことに陥ってしまってるとは・・・。

たぶん福山雅治が同じ漫画を薦めていたら、結果が変わっていたかもしれません(嫁は福山の大ファン)。 

帰宅後、娘が遊んでたジェイボードをぶんどった俺。いえーい(こけて大けがするパターン)。

・・・

昨日ブログに必要な「あるもの」がAmazonから届くはずでしたが、荷物はなく「不在者票」が入ってました。

なぜいつものよう玄関に置いておいてくれない?

仕方なく、それなしでブログの記事用の動画撮影。息子が塾から帰ってきて夜10時半からの撮影。ちかくの公園に行きます(もはや狂気)

・・・暗くてよく映らなかったです。画像はナイトモードでばっちりでしたが。

動画撮影ってムズイ。Youtuberの苦労が少しわかった気がしました。

(失敗におわった)撮影後、息子から「協力費として500円ちょうだい!」

しんいち
・・・今の収益のペースだと17か月後ぐらいかかるだけどな
体調不良で寝込んでたのに、太ったという。
300フォロワー。ありがとうございます!

 

-雑記