ランニング

初心者ランナーにおすすめの低価格ランニングシューズ6種!

こんにちは。しんいちです。

今回は、低価格ランニングシューズを紹介したいと思います。

私は、現在通勤ランとして毎日往復5kmぐらいランニングをしています

当初はダイエット目的でランニングを始めたので、本格的なランニングを行う予定はありませんでした。

しんいち
走ってカロリーを消費して体重が減れば、とりあえずオッケーてな感じでした。

高い靴を買っても、ダイエットが続かなければもったいない・・・。(むしろ高い靴を買って自分を追い込む方法もありますが、)

私は、6000円以下のシューズを買いました。

しんいち
当時お金がなかった・・・という事情があります(笑)

が・・・

全然走れます。

3か月間、毎日1~5kmランニングを行いました。今も継続中です。

【社会人ランニング】通勤ランを1か月やってみた!10のメリット・3のデメリットや気づいたこと

目次はじめに・・・通勤ランとは?きっかけはダイエット!必要なものは、シューズとウエアとカバンとマスク!結果・・・毎日楽しい通勤ラン!通勤ランにはなんと10個のメリットが!通勤ランのデメリットは3個!通 ...

続きを見る

5kmぐらいのランニングであれば、低価格シューズでも性能的には全く問題ありません。

有名なスポーツメーカーが提供するシューズであれば6000円以下でも十分走りやすいシューズが購入できます。

ダイエットや運動不足解消のランニングにはそこまで高いシューズは必要ありません。

そこで、あまりお金をかけずにランニングを始められるシューズを紹介します。

シューズ以外の装備については、こちら・・・

初心者必見!ランニングで最初に揃える装備はどれ?シューズ、上下服装など

  しんいち通勤ランで毎日ランニングしているしんいちです! ランニングを始めよう!と思っても、まず何から用意すればいいかわからないと思います。 なんとなく靴はいるかな?ぐらいです。 特に、あ ...

続きを見る

アディダス ファルコンラン

まず、私がおすすめするのがこちら、アディダスのファルコンランシリーズです。

まず特筆すべきは軽さ!なんと片足で271g(片足27cm)しかありません。

271gといえば小さなリンゴぐらいです。

初心者でも、驚くほど軽快に1歩1歩踏み出すことができます。

また、アディダスということもあり、デザイン性にも優れており(あの3本線といえば、アディダスのトレードマーク)、履くだけでテンションがあがります。

また、機能性にもすぐれ、ランニング以外の軽めのスポーツでも遺憾なくその効果を発揮してくれるでしょう。

私がランニング当初はこの靴を履いていましたが、メッシュと合皮の異素材で作られている足の甲の部分(アッパー)が通気性を良くし、なおかつ足をホールドしてくれる部分がお気に入りでした。

ナイキ フレックス エクスペリエンスラン

次はナイキ製のフレックスエクスペリエンス

ナイキ製のランニングシューズといえばエアズームペガサスヴェイパーフライネクスト(あのピンクの靴です)が有名ですが、私はあえてこれを推します。

まず、ランニング初心者にはうれしい低価格

それにも関わらず、安定した機能。ナイキはバスケットシューズのイメージが強いですが、もともとはランニングシューズを手掛けていました。

その開発技術は上級者向けから初心者向けシューズまで幅広く取り込まれているので、このフレックスエクスペリエンスランでも走る我々ランナーを十分満足させてくれます。

この靴の特徴としてはニット素材のため足が痛くなりにくいです。

また、底の素材には伸縮性が出るテクスチャード加工施されていているのでばねのように地面を蹴ってくれます。

耐久性もばっちりです!

ミズノ マキシマイザー

ミズノは創業100年を超える日本のメーカーです。

もともとは野球のボールやユニフォームを取り扱っていましたが、すべてのスポーツに必要ということでシューズにも力を入れるようになります。

ミズノのブランドマークである「ランバード」は当初はシューズ専門のミズノブランドのマークでした。

ミズノのランニングシューズといえばロングランのWAVE RIDER(ウエーブライダー)シリーズが有名ですが、安くても定価15,000円します。

これからランニングを始める人にはこちらの低価格シューズマキシマイザーをお勧めします。

低価格といえど柔らかく軽い素材を使っているので疲れやすい初心者ランナーにはちょうどいい感じです。

また、横幅が広いので足が大きくて靴が狭く感じる人にも勧めです。

かかとには反射する素材が使われているので、夜走るときも安心です

また、中敷きが取り外せるので、洗濯もしやすいです。

アシックス JOLTシリーズ

次はアシックスのJOLTシリーズ

アシックスの低価格モデルのランニングシューズですが、アシックスも日本のメーカーなので、JOLTは日本人の幅広い足に合う「エキストラワイド」があり、ゆったりしたフィットを好む人にお勧めです。

靴底の溝が曲がっているので、柔軟性と耐久性が向上しています。

中敷きはオーソライト製のため通気性に優れており、気持ちいい履き心地になります。

プーマ スペースライナー

プーマのスペースライナーはとにかく安いです。

プーマといえばサッカーのシューズが有名ですが、もちろんランニングシューズでも引けは取りません。

さいごに

今まで4つのランニングシューズを紹介しました。

どれも5000円以下で手に入れることができる低価格ランニングシューズです。

気楽に購入してみてはいかかでしょうか。

基本的にはどの靴を履いても走ることはできます。

ただ、ランニングシューズを履かないと足の膝やかかとに大きな負担がかかり、最悪ケガにつながります。

次の高価格・高性能なシューズに乗り換える前に、低価格シューズでランニングスタイルを確実に確立してみてはいかかでしょうか。

購入するときの注意としては、普段の靴のサイズとはメーカー毎に若干サイズが違うので、サイズ確認の上購入されるほうがいいでしょう。

特にナイキのシューズは2cmほどいつもの靴より大きいシューズがぴったりだったりします。

しんいち
ランニングシューズを履いたらテンションあがります!

ランニングはちょっとの投資とちょっとの勇気で簡単に始められるスポーツです!

しかも、一生続けられるスポーツです。

文字通り、踏み出してみてはいかかでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-ランニング